0

Step-by-step How to install and configure work folders on Windows Server 2016 – Random Microsoft Azure and Computing Tech


An easy way to manage files that reside on different workstations and personal devices. The working folder acts as a host and synchronizes your files to this location so that your users can access them from inside and outside the network. This is a client-hosted file, unlike a file server or DFS namespace. Returning to the example of Sarah and Matthew in the Human Resources department, Matthew and Sarah can use work folders so that files stored in specific locations on workstations are updated in sync with the file server. If they are working on a project together but working from different locations, those files are always available and synced.

  • More and more staff want to use their own gadgets, such as smartphones and tablets, to access corporate data files while on the go.
  • Work Folders Synchronize corporate data from a centralized on-premises server to user devices using a new synchronization protocol..
  • Working Folders is a new role service for the Files and Storage Services role and is only available in. Windows Server 2012 R2 and 2016
  • When a user creates or modifies a file in the WorkFolders folder on any device or PC, the file is automatically replicated to a synchronous share on the corporate file server through. Secure Sockets Layer (SSL) connection on port 443.

here we go, Step-by-step How to install and configure work folders on Windows Server 2016 and Windows 10.

Infrastructure requirements:

  • One DC server (DC-CLOUD)
  • 1 Client PC running Windows 10 (Client-10)

1 – your Server manager Click Add roles and features..

3

2 – Click Next.

Four

3 – Select now Role-based or feature-based installation Click the option and click Next.

Five

4 – Then select the required server Install the work folder in.

6

Five -[サーバーロールの選択]Of the interface[ストレージサービスを提出し、 クリック Work Folders とクリック 機能を追加する 次にクリックします 次。

1.png23

6 – 機能を選択する インターフェイス、クリック 続行します。

10

7 – インストールの選択の確認 インターフェイス、クリック インストール。

4.png

8 –インストールが成功するまで数秒待ってから、をクリックします 閉じる。

5.png6.png

9 –オープン サーバーマネージャー、右側をクリックします ファイルおよびストレージサービス。

7.png

10 –クリック Work Folders、次に「ワークフォルダの同期共有を作成するには、新しい同期共有ウィザードを開始します。

8.png

11 –インターフェイスを開始する前に、をクリックします 次。

9.png

12 –[サーバーとパスの選択]Of the interface[サーバー]Make sure you have a server. In the case of I, DC-CLOUD With online status.

Under the location, click Please enter your local path: And type C: WORK folder user (This will be a new empty work folder to share with domain users),[次。

10.png

13 –[ユーザーフォルダーの構造を指定する]so,[ユーザーエイリアス 次にクリックします 次。

11

11 –[同期共有名の入力]At the interface[次。

12.png

12 –[グループインターフェイスへの同期アクセスを許可する]so,[追加 次に、[選択するオブジェクト名を入力してください]Enter the following in. Domain user Then click OK Click Next Continue (This demo allows all domain users to use the Work Folders feature to sync with themselves DC-CLOUD server.

1415

13 -[デバイスポリシーの指定]At the interface[

16.png

14 –[選択の確認]At the interface[作成します。

17.png

15 –結果の表示で、 確認 同期共有が正常に作成されたら、[閉じる。

18.png

16 – DC-CLOUDサーバー、 開いた サーバーマネージャー、クリック ツール 次にクリックします グループポリシー管理。

19

17 –グループポリシー管理コンソールのインターフェイスで、次の場所に移動します。 フォレスト:Windows.ae Domains Windows.ae、 と右クリックします デフォルトのドメインポリシー GPOをクリックし、 編集します。

1

18 –グループポリシー管理エディターインターフェイスで、に移動します。 ユーザー構成ポリシー管理用テンプレート Windowsコンポーネント作業フォルダー、その後 [作業フォルダ]Double-click on.

19.png

19 – In the details pane, [作業フォルダの指定]Double-click on the settings.

20.png

20 –[作業フォルダーの指定]In the configuration interface,[ 有効、そして 作業フォルダのURL、 タイプ http://DC-CLOUD.Windows.ae、 クリック 自動セットアップを強制する、をクリックします OK。

22.png

21 –開いているすべてのウィンドウを閉じ、開きます コマンド・プロンプト 次に入力します gpupdate / force。

33

22 –クライアントPCにログインして、ワークフォルダ機能を試してみましょう。 Windows-CLIENT-10 PC、私はとしてログインします シファド。

8

23 –ラボテストの目的で、許可します ウィンドウズ10 ワークフォルダ機能のテストを開始する前に、安全でない接続で実行している場合、

開いた CMD とタイプ:

Reg add HKLM SOFTWARE Microsoft Windows CurrentVersion WorkFolders / v AllowUnsecureConnection / t REG_DWORD / d 1

デフォルトでは、クライアントは常にSSLを使用してサーバーに接続します。これには、サーバーにSSL証明書をインストールして構成する必要があります。

24.png

24 – Windows 10 PC、 開いた コントロールパネル、および 作業フォルダがあることを確認してください。 次に、をクリックします WorkFolders。

23.png

25 –をクリックします 作業フォルダを設定します。

25.png

26 –をクリックします 代わりに、ワークフォルダのURLを入力してください。 そして タイプワークフォルダURL: http://Dc-CLOUD.Windows.ae。

26.png27

27 –必要な場所を選択します 作業フォルダ 見つけるには、をクリックします 次。

28.png

28これで、作業フォルダの作成時に設定したポリシーを受け入れるように選択されました。[同意する]After clicking[次。

29

29 –クリックするだけ 閉じる。

30

30 –現在オープン Work Folders、

31.png

31 –オープン このPCエクスプローラー その後 クイックアクセスタブ 開いた WorkFolders。

32.png

32 –をシミュレートする ワークフォルダ同期機能、cフォルダを再作成する 名前 : sifadDoc。 および右クリック 次に、[今すぐ同期]Click.

33.png34.png

33 – Then switch to DC-CLOUD Server, open C: drive Browse to WORK folder user, Sync Succeeded.

35.png

Important enhancements

The Work Folders feature in Server 2016 is a significant enhancement to current technologies for data synchronization and accessibility. It offers the benefits of a cloud-based solution, yet allows administrators to control technology settings and manage user data. Working folders are very useful for mobile users, especially in BYOD environments. If Microsoft publishes this technology to other platforms as promised, work folders will greatly help users keep their data at all times.

That’s all for now .., enter the awards for any questions .. 🙂

  • category
  • Windows Server 2016

mhls

Bir cevap yazın

E-posta hesabınız yayımlanmayacak. Gerekli alanlar * ile işaretlenmişlerdir